NEWS

2013.08.23

谷口彰悟コーチ、赤﨑秀平コーチインタビュー(旧サイトより転載)

筑波大学蹴球部4年でキャプテンの谷口彰悟選手が、川崎フロンターレに内定しました!また、同じ蹴球部の赤﨑秀平選手は鹿島アントラーズに内定し、強化指定選手として既に試合にも出場しています。

2人はトラウムトレーニング設立当初からプレーヤーコーチとしてトラウムに来てくれています。そんな2人に色々お話を聞いてみました。

 

95d63e40

 

―2人はトラウムが始まった当初からプレーヤーコーチとして生徒たちを見てくれていますが、4年目を迎えた今と1年目の違いは何かありますか?

 

赤﨑≫1年目から(内藤)清志さんがずっと教えてきて、子ども達もどんどん自分の意志でやりだすようになっている。今は教えるだけではなくて、そういう子達を伸ばしながらも周りも一緒にまきこんですごくいい雰囲気でやっている感じがします。

 

谷口≫最近はたまにしかトラウムに来られないんですが、毎回来る度に「うまくなっているな」と気づかされます。清志さんや(小林)大輔さんがやっているメニューに対してもすごく意欲的で「やろう」という積極的な姿勢が見えるので、そこがやっぱり成長につながる要素なんだろうなと思います。

 

―トラウムでは「止める」「蹴る」などの基礎技術を徹底していて、それは風間監督(元筑波大学蹴球部監督)が筑波でもずっとやっていたことですが、それを練習してきた上で、プロの練習や試合に入っても活きていると感じることはありますか?

 

谷口≫それは間違いなくありますね。どんな環境に入っても、例えばボールを“自分が何でもできる場所に置く”ということができれば、自然と自分のペースになったり余裕がでたりします。自分の“基準”がしっかりしていれば、やっていけるという自信にもなります。

 

赤﨑≫「止める」「蹴る」は一番の基本だと思うんですが、そういうことを突き詰めて教えてもらったことで、自分の中で何が成功で何が失敗か判断できるようになりました。その技術がベースにある上で、やっと自分の特徴を色づけしていけるんだと思います。

 

―トラウムの練習の中では、メインのコーチに加え、赤﨑コーチや谷口コーチのようなプレーヤーコーチがいて、さらに幅広い年代の子が一緒になってプレーしています。2人は小さい時に年上の選手達と一緒に練習をする機会はありましたか?

 

赤﨑≫1番離れていても小1の時に小6の子達とやったくらいです。小学校年代で大学生と一緒にサッカーすることなんてもちろんなかったですね。トラウムでは、大学生が何が良くて何が悪いか体現してくれるので、すごく勉強になると思います。

 

谷口≫僕は2~3歳くらい上の選手としか一緒にプレーする機会はなかったです。ただ、そういう時は絶対に年上には負けたくなくて、本当にがむしゃらにやっていたことを覚えています。

 

―逆に、年下の選手とプレーする時はどういう意識で取り組んできましたか?

 

赤﨑≫上のレベルに入る時は“感覚”でプレーしてしまうことが多いのですが、年下の子達とプレーする時は少し余裕ができるので、それを“意識”してできていると感じています。そこで“意識”したことを、また上でやる時にもっとうまくできるよう活かしています。

 

谷口≫年下の子達とやる時は成功体験が増えることが多いので、相手が年下とは言っても、その成功体験が自信につながっています。「こうやればできる」っていう方法が見えるので、そういうのを覚えていきながら、どのレベルに入っても自分のプレーを出せるようにしたいですね。

 

―プロクラブの内定が決まった2人ですが、今後の目標を教えてください。

 

赤﨑≫僕は、自信があった訳ではないんですが、プロサッカー選手にはなれるものだと考えていました。目標が低ければそこまでしかいけないと思うので。やっぱり上にいく人は高い目標をもっていますよね。今は何とは言いませんけど、今後もずっと高いところを見ていきたいです。

 

谷口≫僕は高校時代にはっきりプロになりたいと思いました。大学に入ってからは、「プロになりたい」よりも「プロでどう活躍するか」そして「代表に入るにはどうしたらいいか」という心持ちに変わっていきました。プロになるだけが目標ではそこまでだと思うので、今はプロの世界でどう活躍するか、と考えて目標を立てています。

 

―最後に、トラウムの生徒にメッセージをお願いします。

 

赤﨑≫僕は風間さんがよく言っていた「自分に期待する」という言葉から学んだことがたくさんありました。やっぱりやらされている間はうまくならないですよね。夢は叶えるものだと思うので、「自分に期待して」、今できることを精一杯頑張っていってほしいと思います。

 

谷口≫今トラウムでやっている練習は絶対に自分にプラスになることなので、そこは信じてしっかり続けていってほしいと思います。今それぞれに目標があると思うけど、その目標や夢をぶらさずに持ち続けることが大切です。夢を叶えることを信じて、毎日しっかり練習に取り組んでいってください。

 

赤﨑コーチ、谷口コーチ、ありがとうございました!今後の更なる活躍を期待しています!